フジテレビ

見どころ満載の教科書にないッ!

エロティシズムなイメージだけではなく、登場人物の人間らしさや気持ちの移り変わりなど人間関係が感じられるシーンも多いです。先生としてのキャリアが少ない駆け出しの24歳の男性教師と多感な時期を迎えた女子高生との展開が見る人の興味関心を惹きつけます。

人間らしさが随所に感じられます

教科書にないッ!は、とても面白い番組という印象を強く持っています。

確かに、エロティシズムが散りばめられたストーリーではありますが、決してエロティシズムが全面的に打ち出されるわけではなく、登場人物の人間らしさや気持ちの移り変わりなどが感じられるシーンも多く、とても印象的です。

感動的なシーンといえば、大楽が居酒屋で飲んでいる時に生徒である綾が居酒屋で出くわすことになり、その素行を注意する場面です。

それだけ、綾のことを心配していればこその行為であることは間違いありません。

現代では、教師と生徒との関係性についても、微妙な空気感になっていることが度々のように指摘されています。

生徒をしかりつけることですら、躊躇する時代の中、生徒のことを真剣に考えていることの表れといえます。その後、綾が大楽を慕うようになるという展開も面白いと思います。

気持ちの変化に着目

教科書にないッ!の見どころは、まだまだ若い主人公の大楽先生と高校一年生の綾との微妙な関係性といえるでしょう。

まだまだ先生としてのキャリアが少ない駆け出しの24歳の男性教師と多感な時期を迎えた女子高生との展開が見る人の興味関心を惹きつけます。

綾自体も根っからの不良少女というわけではなく、親がヤクザという特異な環境で育てられという点もポイントです。

親の影響もあり、未成年にもかかわらず、居酒屋で喫煙するなどという悪びれた素行をしてしまっていたのです。

そんな綾の言動に真正面から向き合ってくれたのが、大楽先生です。大楽先生に注意されることで、はじめのうちは反抗的な態度を示すものの、徐々に興味を示すようになるのも見どころです。

大楽先生の気を引こうとして、露出の大きい服を着用するなどする綾の素行にも注目といえるのではないでしょうか。

参考サイト:教科書にないッ!

フジテレビ

もう一度見たい人続出!姉妹の絆をポップに描いたディア・シスター

姉妹あるあるが詰め込まれたドラマです、激しくぶつかりあった後の思いがけない展開、妹の美咲の背負った過酷な運命に衝撃を受けます。ドロドロしすぎずポップに描かれていて、繰り返し見たくなります。

ディア・シスターにハマる理由!姉妹の心理を繊細に描く

ディア・シスターにハマる人の中には、妹がいて悩んだ経験があり、深沢葉月(松下奈緒)に感情移入した、という人も多いのではないでしょうか。

真面目で保守的、現実主義なしっかりものの姉と、フラフラ生きて図太くて、愛嬌がある妹。姉妹あるあるが詰め込まれたドラマになっていましたね。

現在、姉もしくは妹と離れて暮らしている人にとっては、ほろりとくるリアルな描写も多かったですよね。

妹に部屋を我が物顔で使われたり、自然と自分のことよりも優先してしまっていたり、姉の立場からは、石原さとみ演じる深沢美咲が親しみやすく感じることでしょう。

一方、妹の立場からも、甘えさせてくれる懐の深さや足りないところを補える姉妹の絆が描かれているので感情移入できます。

一番のおすすめのシーンは、姉妹の誤解がとけ、より絆が深まる場面です。激しくぶつかりあった後の思いがけない展開、妹の美咲の背負った過酷な運命に衝撃を受けます。

重いテーマも扱っているのですが、ドロドロしすぎずポップに描かれていて、繰り返し見たくなるドラマです。

ディア・シスターはこんな人におすすめ!

ディア・シスターは姉妹がいる人にも、もちろんおすすめなのですが、親の立場の人や男性が見ても面白いドラマです。

ディア・シスターには、片平なぎさ演じる深沢七重が姉妹の母親として出てきますが、とても人間味のあるキャラクターで、姉妹をなかなか平等に扱えず葉月に嫌われてしまう役を素敵に演じていました。

親も子供も人間で相性もありますし、欠点もあります。それでも理解しあえる瞬間がくるのかもしれない。

そういう視点で見ることができますし、兄弟姉妹がお互い助け合って生きていく姿に癒されます。

また、男性にもおすすめな理由は、松下奈緒も石原さとみも、それぞれのキャラクターにぴったりの役柄で、いきいき演じていて魅力的だからです。

石原さとみの無防備でセクシーなシーン
もあります。そして、美咲に想いをよせる青年、永人(ハチ)を見て、モテモテ小悪魔を落とす手腕を学べるかもしれません。

下心に気付かれないように側にいて大切な存在になったあと、急に男の顔を見せる。女性視聴者から絶賛されたハチの行動は、岩田剛典のようなイケメンではなくても、参考にできること間違いなしですよ。

参考サイト:ディア・シスター

日本テレビ

ヒガンバナは格好良い女性が活躍するドラマ

『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』の動画を、1話から最終回まで見逃し配信。動画配信サービスの無料お試しでドラマの見逃し配信を視聴。『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』のあらすじ、出演者、感想。

仕事に情熱を燃やしている女性が見せるラスト

刑事ドラマの女性版であるヒガンバナですが、オススメのシーンは最後のラストシーンです。

ブーケトスでブーケを手にしてもクールに毒舌を吐く、このシーンは結婚だけが女性の人生ではないということを暗に意味しているのでしょう。

仕事で素晴らしい成果を出している女性が、結婚で悩んだりせずにクールなままで終わるのです。

主人公のこのクールな面はドラマの全編を通して描かれていますが、最後のこのシーンは特に人生観を表現しています。

もらったブーケを渡してしまうところなどは、結婚する意志がないことを端的に示してます。

友人の結婚を嬉しくは思うが、仕事が楽しいから自分はまだまだいいということのなのでしょう。

主人公の繊細なキャラクターからは想像できない情熱がそこには見え隠れします。格好良い女性というものを見事に表現してるシーンです。

凛として格好いい女性を見たい方にオススメのドラマ

このドラマの見どころは、何といっても女性の活躍です。それぞれが専門分野で高い能力を持っていて、仕事の面ではチーム全員が優秀です。

その能力を生かした活躍は、見ていてかなり楽しいです。普段は仕事に情熱を燃やしているようには見えないのに、犯人に逮捕に関しては高い集中力で仕事をします。

セリフの一つ一つが格好いいのもこのドラマの特徴でしょう。優秀な女性が言うと、セリフが格好良く見えるのは不思議です。

主人公の毒舌はきわどいですが、何か心に刺さるセリフなのです。仕事で認められていないと、落ち込んでいる人などはこのドラマで勇気づけられるはずです。

決して恵まれた環境ではない登場人物たちが、その場所で必死に頑張る姿には共感できます。

必死に仕事をしている姿はなかなか認められなくても、諦めないことが格好良さにつながっていくのです。

『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』は2016年1月13日から3月16日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマである。堀北真希の結婚後、初の連続ドラマ主演であったが、堀北が翌2017年2月28日を以って芸能界を引退したため、これが堀北にとって引退前最後の作品となった。 ウィキペディア

日本テレビ

ドタバタコメディの「ボク、運命の人です」が真理を突く

『ボク、運命の人です』の動画を、1話から最終回まで見逃し配信。動画配信サービスの無料お試しでドラマの見逃し配信を視聴。『ボク、運命の人です』のあらすじ、出演者、感想。

恋をするのは運命の人だからじゃない

ドタバタコメディ要素たっぷりのドラマですが、初回の運命をしっかり感じるコンサートシーンがオススメです。

運命の人だと主人公から言われて困惑する女性が全く同じタイミングで拍手をしてしまうシーンです。

情報として色々な場面で二人が会っていた事実に気づくよりも、一回のその経験の方がインパクトがあってより運命を感じてしまいます。

ただ、運命を感じることと恋に落ちることは別なのかもしれないと理解するのがこのシーンのポイントです。

どんなに運命が恋をするように仕向けていても、それは恋のきっかけに過ぎません。何度出会っていても気づかなければ、恋には落ちないのです。

恋をするのは運命を感じる出来事を共有することで初めて、気持ちに変化が起きます。運命を感じる人を見つけても、恋をするとは限らないのです。

運命は万能じゃないというメッセージでしょう。

恋に奥手な人に見てほしい運命なんて関係ないというドラマ

何度も何度も運命的な出会いをしていても、気づかなければ恋に落ちることなんてないことが描かれています。二人が恋に落ちるためには運命は無力なのです。

きっかけをつかんで、それを生かす努力ができなければ運命の人とだって恋ができません。運命の人を待ち続ける恋に奥手な人にはぜひ見てほしいドラマです。

運命の人だと分かっても、変人扱いされるだけで何の役にも立ちません。それよりも自発的に動いた行動の方が恋へ何歩も近づきます。

飛び込み営業をするくらいの覚悟を持って行動すれば、恋に急接近することが可能なのです。運命の人は身近な人かもしれません。

その運命の人と進展するための努力の方法がこのドラマの見どころの一つです。そのような主人公の姿勢が恋をちゃんとする参考にはなるでしょう。

何度も壁にぶつかりながらも、心を通わせていく二人には運命は関係ないのです。

『ボク、運命の人です。』は、日本テレビ系で2017年4月15日から6月17日まで22時 – 22時54分に放送されたテレビドラマ。主演は亀梨和也。 ウィキペディア

ドラマ『ボク、運命の人です。』を動画で観た。Huluの無料お試し期間中に視聴しましたよ。