ヒガンバナ ~警視庁捜査七課~を動画で観た。

ヒガンバナは格好良い女性が活躍するドラマ

『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』の動画を、1話から最終回まで見逃し配信。動画配信サービスの無料お試しでドラマの見逃し配信を視聴。『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』のあらすじ、出演者、感想。

仕事に情熱を燃やしている女性が見せるラスト

刑事ドラマの女性版であるヒガンバナですが、オススメのシーンは最後のラストシーンです。

ブーケトスでブーケを手にしてもクールに毒舌を吐く、このシーンは結婚だけが女性の人生ではないということを暗に意味しているのでしょう。

仕事で素晴らしい成果を出している女性が、結婚で悩んだりせずにクールなままで終わるのです。

主人公のこのクールな面はドラマの全編を通して描かれていますが、最後のこのシーンは特に人生観を表現しています。

もらったブーケを渡してしまうところなどは、結婚する意志がないことを端的に示してます。

友人の結婚を嬉しくは思うが、仕事が楽しいから自分はまだまだいいということのなのでしょう。

主人公の繊細なキャラクターからは想像できない情熱がそこには見え隠れします。格好良い女性というものを見事に表現してるシーンです。

凛として格好いい女性を見たい方にオススメのドラマ

このドラマの見どころは、何といっても女性の活躍です。それぞれが専門分野で高い能力を持っていて、仕事の面ではチーム全員が優秀です。

その能力を生かした活躍は、見ていてかなり楽しいです。普段は仕事に情熱を燃やしているようには見えないのに、犯人に逮捕に関しては高い集中力で仕事をします。

セリフの一つ一つが格好いいのもこのドラマの特徴でしょう。優秀な女性が言うと、セリフが格好良く見えるのは不思議です。

主人公の毒舌はきわどいですが、何か心に刺さるセリフなのです。仕事で認められていないと、落ち込んでいる人などはこのドラマで勇気づけられるはずです。

決して恵まれた環境ではない登場人物たちが、その場所で必死に頑張る姿には共感できます。

必死に仕事をしている姿はなかなか認められなくても、諦めないことが格好良さにつながっていくのです。

『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』は2016年1月13日から3月16日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」枠で放送された日本のテレビドラマである。堀北真希の結婚後、初の連続ドラマ主演であったが、堀北が翌2017年2月28日を以って芸能界を引退したため、これが堀北にとって引退前最後の作品となった。 ウィキペディア